基礎化粧品にこだわっている方は多いでしょう。しかし、何気なく使っている基礎化粧品にどのような役割があるかご存知でしょうか。

 

こちらでは、基礎化粧品の役割について紹介していきます。セラミド乳液を始めとした基礎化粧品は、お肌のバリア機能を維持するために欠かせません。外的刺激からお肌を守り、いつまでも若々しいお肌をキープするためにも、ぜひ参考にしてください。

セラミド乳液のバリア機能・化粧品の役割とは?加齢とともに不足するセラミドを乳液で補おう

TOP > ウラニアの美容液に関するコラム > セラミド乳液のバリア機能・化粧品の役割とは?加齢とともに不足するセラミドを乳液で補おう

そもそも基礎化粧品の役割とは?

私たちのお肌にはバリア機能が備わっています。これを簡単に説明すると、お肌を若く美しい状態で保つための機能です。しかし、このバリア機能は年齢を重ねるにつれて機能が低下していくという欠点があります。これによってお肌にシミやニキビができてしまうのです。

基礎化粧品はこのバリア機能の状態を良好に保つサポートをしてくれる働きがあります。化粧水は保湿成分が主成分となっているため、お肌に潤いを与えてくれます。基礎化粧品はお肌に必要な水溶性の潤い成分や油溶性の潤い成分などを与えてくれるのです。

タオルと基礎化粧品

加齢とともに減少するセラミド

年齢を重ねるとお肌のセラミドを生み出す力が衰えてしまいます。セラミドは年齢を重ねれば重ねるほど減少し、50代になると20代の半分にまで減少するといわれています。


セラミドが不足すると、細胞間の脂質がスカスカになってしまいます。その結果、潤い保持力やバリア機能が低下するのです。セラミド不足によって、お肌の老化が現れやすいのはセラミドにこういった作用があるからなのです。

また、年齢が若くとも敏感肌やアトピー肌の方は、セラミドを生み出す力が低いです。健やかなお肌を保つためには、セラミド乳液を使って補給することが大切です。

バリア機能で潤いキープ!セラミド乳液の必要性

私たちのお肌には保湿機能があります。お肌の表面は皮脂で覆われており、それが外部の刺激からお肌を守ってくれるのです。さらに角質細胞の中では、NMFが水分を抱えており、セラミドが隙間を埋めているので潤いが保たれています。これらの働きが保湿機能であり、健やかなお肌にとって欠かせません。

 

しかし、加齢とともにこれらの機能は低下していきます。その低下した機能を補うために乳液は必要なのです。乳液には角層の水分や保湿成分を維持する働きがあります。つまり、保湿機能が低下したお肌を守ってくれているのです。

両手で顔を触る女性

ウラニアでは、外的刺激からお肌を守りストレスのないツヤ肌へと導くセラミド乳液を販売しております。乾燥などのお肌のトラブルでお悩みの方は、ぜひウラニアのセラミド乳液「URANIAヴェールスキンミルク」をご利用ください。

セラミドが不足したお肌とは?

セラミドが不足したお肌には、カサつきやツッパリ感といった症状が現れます。これはセラミドが不足してお肌の潤いが保てなくなったことが原因となっています。放置すると、さらに乾燥が進んでしまうため適切に対処しなくてはいけません。特に加齢によるお肌の悩みが増えた場合は、深刻な潤い不足となっていることが多いため、毎日適切な方法でお肌のケアを行う必要があるのです。

他にも肌荒れが起こる場合もあります。お肌の角層のバリア機能が低下することで、外部の刺激に弱くなり、少しの刺激でも赤みやかゆみの原因になってしまうのです。小じわやシミの原因にもなってしまうので、セラミドは適切に補給しましょう。

セラミド不足はお肌の大敵!セラミド乳液でバリア機能を高めよう

美しいお肌を保つ上でセラミドは欠かせません。しかし、お肌そのものが持っているセラミドだけに頼ろうとすると、加齢とともに難しくなってしまいます。そこで大切なのがセラミド乳液による潤い補給です。もちろん、他の基礎化粧品と併せて使うことでさらなる効果が期待できます。

美しいお肌を保つために毎日のケアとしてセラミド乳液を取り入れるなら、ぜひウラニアのURANIAヴェールスキンミルクをご検討ください。プロセラミドナノホワイトやフラーレン、EXO-Pアルテロモナス発酵エキス、オウゴンリキッドB/G、ザクロステロールズなどの美容成分をたっぷりと配合しているため、健やかなお肌づくりに役立ちます。

美容液についてのお役立ち情報