乾燥肌で悩んでいる方は多いでしょう。しかし、なぜ乾燥肌になってしまうのか考えたことはあるでしょうか。その理由はセラミド不足にあります。

 

こちらでは、乾燥肌対策に欠かせないセラミド乳液の選び方について紹介していきます。乾燥肌の原因やセラミドの種類と保湿力についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。

セラミド乳液の選び方!乾燥肌の原因はセラミド不足?気になる保湿力と種類

TOP > ウラニアの美容液に関するコラム > セラミド乳液の選び方!乾燥肌の原因はセラミド不足?気になる保湿力と種類

セラミド乳液の選び方

セラミド乳液の選び方として大切なポイントは3つです。

セラミドの種類に着目する
セラミドには「ヒト型セラミド」や「擬似セラミド」といった種類があります。セラミドの種類によって得られる効果も違うので、まずはどのようなセラミドが含まれているのかを確認しましょう。


ヒト型セラミドは比較的高価なのですが、お肌との親和性が高いです。擬似セラミドは安価で多くの化粧品に配合されています。このようにセラミドごとの特徴も理解しておくとよいでしょう。

手の上に乳液を出す女性

セラミド以外の成分にも注目する
セラミド乳液を使う方の中には、保湿性を求めている方も多いでしょう。その場合、ワセリンやシア脂、スクワランといったお肌から水分が蒸発することを防いでくれる成分が含まれているものを選びましょう。

使用感を確認する
セラミド乳液は毎日使います。化粧品の効果を実感するには長期間の使用が欠かせません。そのため、使用感がよく長く使い続けられるものかどうかを確認しましょう。

ウラニアでは、メラニン生成を抑制するプロセラミドナノホワイトや老化の原因となる活性酸素を防ぐフラーレンなど、たくさんの美容成分を配合したセラミド乳液URANIAヴェールスキンミルクを販売しております。シワやくすみなどの気になるお肌の悩みを防ぎトーンアップが期待できるセラミド乳液をお探しの方は、ぜひウラニアをご利用ください。

乾燥肌はセラミド不足が原因?

乾燥肌の原因はセラミド不足であるといわれています。元々、セラミドは私たちの身体の中にある成分です。セラミドは年齢を重ねるごとに減っていくため、大人になるにつれて乾燥肌で悩む方が増える傾向にあります。子供の身体には十分な量のセラミドがあるため、乾燥肌で悩む子供が少ないのです。


また、過剰な洗浄やターンオーバーの乱れが原因でセラミドを作り出す力そのものが弱まってしまうこともあります。

私たちの身体に欠かせないセラミドは、このようにして失われていってしまうため、セラミド乳液などを活用して外から補うことも大切です。
 

困った顔で鏡を見る女性

外的環境からのダメージに素早く対応し、お肌のバリア機能を高める多機能美容乳液URANIAヴェールスキンミルクは、ウラニアの通販サイトでお買い求めいただけます。きめ細やかでなめらかなお肌を目指すなら、乳液+下地効果でトーンアップが目指せるウラニアのURANIAヴェールスキンミルクをご利用ください。

セラミドの種類と保湿力

先ほども紹介したとおり、セラミドには種類があります。ヒト型セラミド、擬似セラミドについては解説したので、残りのセラミドについて紹介いたします。

植物性セラミド
植物性セラミドは、米やとうもろこしなどの植物から取り出された天然のセラミドです。お肌に優しく安価なのですが、ヒト型セラミドと比べるとお肌への浸透力は劣ってしまいます。

動物性セラミド
牛や馬などの動物から抽出したセラミドが動物性セラミドです。お肌への浸透力が非常に高く、保湿力も優れているのですが高価なのが難点です。

セラミドによって特徴は大きく違います。どのセラミドを利用するか、メリット、デメリットを比較して判断しましょう。

自分に合ったセラミド乳液を見つけよう

ラミド乳液は毎日使うものなので、効果も大切ですが自分に合っているかどうかが最も重要です。しばらく使ってみて、自分には合わないと思ったら別のセラミド乳液に切り替えましょう。無理をして同じセラミド乳液を使い続けても意味がありません。


様々なセラミド乳液を試してみて、使用感、効果ともに自分にとって満足いくものを探すことが大切です。ぜひ、自分にあったセラミド乳液を見つけてみてください。

ウラニアでは、お肌のバリア機能を高めて透明肌を目指す方にぴったりの「URANIAヴェールスキンミルク」を取り扱っています。セラミド乳液+化粧下地でお肌の気になるところをカバーするのはもちろん、トーンアップしてお肌に透明感が生まれるのが特徴です。URANIAヴェールスキンミルク1本で、ブライトニングケア・ダメージケア・バリアケアが行えます。