美容液の種類は、大きく分けて「美白美容液」と「保湿美容液」の2種類があります。

名前のとおり、美白美容液はメラニンの生成を抑えてシミやそばかすを防ぐアイテム、保湿美容液はお肌の水分を与えて潤いをキープするアイテムです。せっかく美容液を使ってお肌をケアするなら、シミやそばかすを防ぎながら潤いもキープしたいと考える方は多いでしょう。

そこで気になるのが、美白美容液と保湿美容液を併用してもいいのかということです。

こちらでは、2種類使っても大丈夫なのか、重ね付けする際の注意点や順番などをご紹介します。

美容液の併用をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

美容液は併用してもいい?保湿美容液や美白美容液を2種類重ね付けする際の順番

TOP > ウラニアの美容液に関するコラム > 美容液は併用してもいい?保湿美容液や美白美容液を2種類重ね付けする際の順番

美容液は2種類を併用しても大丈夫?

美容液は、特定の悩み(シミ、乾燥、シワなど)に特化したものが多いので、「エイジングケアに力を入れたいけれど、乾燥も気になる…」など複数の悩みを抱えている方は、美容液を1つに絞りきれないことがあります。

そんなとき、異なる特徴をもつ美容液を並行して使ってもいいのでしょうか?
結論からいうと、2種類までなら併用してもOKです。

逆にいうと、一度に3種類以上の美容液を併用するのはNGで、お肌に余計な負担をかけてしまうおそれがあります。

特に美容液は化粧水に比べると油分が多く、余分なオイルが毛穴などにつまると、ニキビや吹き出物の原因になることがあります。
複数の肌トラブルを抱えている方は2種類までを限度に、お肌の悩みに合った美容液を併用してみましょう。

二つの美容液

美容液は重ね付けが重要

美容液は2種類まで併用可と説明しましたが、ここでいう「併用」とは、2種類の美容液をブレンドして使うことではありません。
美容液を併用する際は製品同士を混ぜたりせず、1つ使ったらその上から重ね付けするのが基本です。

重ね付けする際は、2つの美容液を比べてみて、油分の少ない方から先に使用します。


先に油分の多い方を使用すると、皮膚の表面に油膜ができてしまい、次に使用する美容液がなかなか浸透しにくくなってしまうのです。必ず水分の多い美容液→油分の多い美容液の順で重ね付けしましょう。

2回目に使用する美容液も顔全体に塗布するのが基本ですが、まんべんなく伸ばした後、目元や口元など特に加齢によるお肌の悩みが気になる部分に丁寧に伸ばすと、より高い効果を期待できます。

美白美容液と保湿美容液は併用OK

美白美容液は他の美容液に比べると配合成分が多いので、他の美容液と併用すると何らかのトラブルが生じるのではないか…と心配する方もいらっしゃいます。

確かに美白美容液には様々な美容成分が配合されていますが、一般的な保湿美容液であれば併用してもお肌に余計な負担をかける心配はありません。

美白美容液はシミ・くすみのもとになるメラニン生成を抑える効果が強い反面、保湿効果はそれほど高くないものが多いので、保湿美容液と併用して使用することでお肌に十分な潤いを与えることができます。


ただし、美容成分の組み合わせによっては、思ったような美肌効果が得られないこともあります。

顔を触る女性

特に注意したいのは、異なるブランド同士の美容液を併用するケースです。

もともとメーカーは同じブランドでライン使いすることを前提に化粧品を開発しているので、同ブランドの美容液なら、成分同士がケンカする心配はほとんどありません。

一方、他のブランドの化粧品との相性は当然考慮していませんので、異なるブランド同士の美容液を併用すると、お肌に刺激を与えてしまう可能性があります。

美容液を併用するのなら、なるべく同じメーカー、ブランドの製品を使用するのがおすすめです。


ウラニアでは、わずか数滴でお肌を底上げしてツヤ肌へと導く「ルミナスエッセンス」と、真珠のパワーをたっぷりと詰め込んだ相性抜群のクリーム美容液「クリスタルパール」を取り揃えています。

お肌にハリ・弾力をもたらす「加水分解卵殻膜」や、天然由来の保湿成分NMFを豊富に含む「加水分解コンキリオン」、美白成分ハイドロキノンと似た構造をもつ「アルブチン」、そしてコラーゲンに似た構造の「サクシノイルアテロコラーゲン」の4つを配合することで、様々な角度からお肌の悩みにアプローチします。

単体ではもちろん、ルミナスエッセンスとの併用にもおすすめの美容液ですので、複数の肌トラブルにお悩みの方は、ぜひウラニアの美容液をお試しください。

スキンケアアイテムは塗る順番が大切

スキンケアアイテムは、正しい順番で使用しないと効果が半減してしまう恐れがあります。一つひとつのアイテムの効果を最大限に発揮できるよう、正しい使い方を覚えておきましょう。
以下では、2種類の美容液を併用した場合のスキンケアアイテムの順番をまとめました。

  1. 導入液(ブースター)

  2. 化粧水

  3. 水分の多い美容液

  4. 油分の多い美容液

  5. 乳液・クリーム

基本的には、水分の多いアイテム→油分の多いアイテムの順番で使用します。なお、オイルを使用する場合は、目的や種類に応じて使うタイミングが変化します。


さらっと軽いつけ心地のオイルなら、他のスキンケアの邪魔をする心配がないので、どのタイミングで使ってもかまいません。
一方、動物性オイルやアーモンドオイルなど、やや粘性のあるオイルは、乳液・クリームの後に仕上げとして使うのがおすすめです。

美白美容液と保湿美容液を上手に併用して美肌効果をアップしよう

美容液は2種類までなら併用できるので、美白美容液×保湿美容液など、お肌の悩みに合わせて重ね付けするのがおすすめです。2つの美容液を組み合わせれば、相乗効果を期待できます。
また、美容液を併用する際は重ね付けするのが基本なので、他のアイテムとの順番を意識して正しい方法でスキンケアをしましょう。

ウラニアでは、美容成分や天然由来の保湿成分をバランスよく配合した美容エッセンスやクリームを販売しています。
シミ、くすみ、乾燥など、様々なお肌の悩みにしっかりとアプローチできるオールマイティなスキンケアアイテムとなっていますので、年齢やストレスによる肌トラブルにお悩みの方は、ぜひウラニアのアイテムをお試しください。