寝る前に美容液と併用したいおすすめアイテム・美容液の種類を知って乾燥や赤みケア

TOP > ウラニアの美容液に関するコラム > 寝る前に美容液と併用したいおすすめアイテム・美容液の種類を知って乾燥や赤みケア

肌トラブルをケアするために、寝る前に使う美容液を見直したくても、美容液の種類が多すぎてどの美容液が自分に合うのか迷いませんか?

美容液選びに迷ったら、肌悩みをケアする特徴以外にも、使う時間帯やタイミング、テクスチャーなど細かくこだわってみてください。さらに、寝る前のスキンケアに美容液と合わせて、ナイトケアアイテムを取り入れるのもおすすめです。


今回は、寝る前の美容液選びに役立つ美容液の種類や、おすすめのナイトケアアイテムをご紹介します。

美容液の種類と寝る前に使いたいおすすめのタイプは?

美容液は、一般的に次のように肌悩み別に種類が分けられています。

・保湿に特化した美容液


・エイジングケアに着目した美容液


・美白に特化した美容液


・ニキビケアに特化した美容液


・毛穴ケアに特化した美容液

さらに、美容液は使う時間帯とタイミング、テクスチャーでも分けられています。寝る前の美容液を選ぶときは、肌悩みだけではなく、いつどのタイミングで使うのか、どのようなテクスチャーなのかまでこだわってみましょう。美容液の種類を細かくこだわって選べば、あなたにぴったりの美容液が見つかるはずです。

◇使う時間帯とタイミングによる美容液の分類
美容液は、朝と夜どちらでも使えるタイプの他に、朝用・夜用という使う時間帯を限定する美容液もあります。朝と夜、それぞれ別の美容液を使えば、複数の肌悩みへのアプローチが可能です。例えば、美白ケアと保湿ケアを美容液で集中的に行いたいなら、朝は保湿美容液、寝る前のケアには美白美容液、という具合に使い分けます。

さらに、美容液は一般的なものは化粧水と乳液の間のステップで使いますが、最近は洗顔後すぐに使う「導入美容液」というタイプも増えています。導入美容液は、洗顔後すぐの肌に使うことで、水分や美容成分が角質層まで浸透しやすく、より効果的に肌悩みをケアできるアイテムです。また、次に使う化粧水のなじみを促す役割もあるため、「化粧水のなじみが悪くなってきた」と感じる方におすすめです。

◇テクスチャーによる美容液の分類
美容液には、様々なテクスチャーのタイプがあります。

・サラッとしているローションタイプ


・みずみずしいジェルタイプ


・トロッとした乳液タイプ

人によって好みのテクスチャーは違うので、美容液を選ぶ際はテクスチャーにも注目してみてください。もし、「どの種類の美容液が良いのかわからない!」という方には、保湿美容液やエイジングケアに着目した美容液をおすすめします。

肌の乾燥は、赤みや小ジワなど様々な肌悩みの原因になります。逆に言えば、肌がしっかりうるおっていれば多くの肌トラブルを防げるということです。また、年齢サインが出やすくなってくる40代以上の方は、年齢トラブルに着目した美容液を選びましょう。中でも、保湿力が高い多機能美容液がおすすめです。

赤み・日焼けなど肌悩みにマッチした美容液に合わせたいナイトケアアイテム

寝る前のスキンケアの見直しをお考えなら、美容液以外にもおすすめのアイテムがあります。乾燥や赤み、日焼けなど、肌悩みにマッチした美容液やナイトアイテムを選べば、日中に受けたダメージで肌悩みが進行するのを防げます。

◇肌悩み別におすすめ・寝る前のスキンケアアイテム
・乾燥がひどい:保湿用シートマスク+ナイトパウダー


・美白ケアがしたい:美白用シートマスク


・エイジングケアがしたい:高保湿シートマスク


・テカりが気になる:保湿用シートマスク+ナイトパウダー

基本は化粧水と美容液、乳液やクリームでケアし、肌の状態に合わせてナイトケアアイテムを取り入れましょう。

寝る前のスキンケアにはURANIAの美容液を

美容液には肌悩みや使う時間帯、タイミング、テクスチャーなど、様々な種類があります。もし、寝る前のスキンケアに取り入れる美容液選びに迷ったら、URANIAの美容液を試してみませんか。

URANIAの美容液は、保湿力の高いプロセラミドナノホワイトや、フラーレン、デトキシホワイト、アルブチンなどを配合した多機能美容液です。ぜひ乾燥や赤みといった肌の状態に合わせて、シートマスクやナイトパウダーなども取り入れながら、寝る前のスキンケアをアップグレードしてみてください。

ウラニアの美容液でスキンケア

©2019 URANIA  |  Breathing Space

​©Breathing Space