ウラニアの美容液で最先端スキンケア!美肌を育てる使い方は?

TOP > ウラニアの美容液に関するコラム > ウラニアの美容液で最先端スキンケア!美肌を育てる使い方は?

「年々肌の透明感が無くなってきた気がする」と感じていませんか?ウラニアの美容液は、年齢を重ねて肌がくすみがちな方にぴったりの美容液です。ウラニアの美容液にご興味がある方の中には、「美容液にお金をかける意味はある?」と美容液の必要性に疑問を感じている方もいるでしょう。

中には美容液の使い方がよくわからず、なんとなくつけているという方も多いはず。美容液の必要性や正しい使い方を知ることは、若々しい美肌を取り戻すために必要なことです。そこで今回は、美容液の基本知識からウラニアの美容液の効果的な使い方を解説します。

美容液は美肌に本当に必要?スキンケアを見直してみよう

ウラニアの美容液の購入を考えながらも、「そもそも美容液って本当に必要?」と疑問に持つ方のために、まずは美容液の役割を解説します。美容液は美肌をキープするために欠かせないアイテムです。

スペシャルケア用のアイテムではなく、化粧水や乳液と合わせて日々のスキンケアに取り入れることで効果を発揮させます。美容液には、化粧水や乳液よりも高濃度に美容成分が配合されており、肌トラブルの解決が期待できます。

例えば、美白化粧水と美白美容液では、同じ成分が配合されていても、使われている成分の濃度は美白美容液の方が高いのです。また、美容液はシミやシワ、にきび対策など、特定の肌悩みに合わせて集中的にケアできるものまで、細かい種類があります。化粧水と乳液だけでスキンケアするのは難しい肌悩みも、美容液で栄養を角質層までピンポイントで届けることが可能です。「年々肌の悩みが目立ってきた」という方におすすめです。

保湿成分には浸透力の高いプロセラミドが使われているため、保湿美容液としても使える多機能美容液です。肌の透明感を育むデトキシホワイトや、ノーベル賞を受賞したフラーレンなど、次世代スキンケアを担う美容成分を採用しています。

普段のスキンケアにウラニアの美容液を取り入れることで、美肌に近づくチャンスです。若い世代のスキンケアにも、ウラニアの美容液はおすすめです。

ウラニアの美容液で美肌を目指す!スキンケアテクニックを伝授

まずウラニアの美容液の基本的な使い方をご紹介します。美容液には、洗顔後すぐにつけるタイプと、化粧水の後につけるタイプがありますが、ウラニアの美容液は洗顔後に使用するタイプです。

1.適量を手に取り、両頬・額・鼻・あごにつけます。


2.各部分につけた美容液を中心から外側になじませます。強くこすらないように気をつけてください。


3.肌悩みが気になる部分には重ね塗りしましょう。


4.美容液が肌になじんだら、化粧水と乳液をつけてスキンケア完了です。

ウラニアの美容液は多機能美容液なので、気になる肌悩み部分だけではなく、顔全体に使用できます。洗顔後の肌は特に乾燥しやすい状態ですが、ウラニアに配合されている保湿成分がすばやく角質層まで浸透し、乾燥を防ぎます。特に年齢サインが出やすい目元や口元には、重ね塗りがおすすめです。

ウラニアの美容液の使用ポイントは?

ウラニアの美容液を使うときは、次の2つのポイントを意識しましょう。

・朝と夜に使う


・美容液をつけるときに顔をこすらない、強く叩き込まない

美容液は一般的に朝と夜のスキンケアで使います。朝は洗顔後に不足する水分や栄養を補うため、夜は眠っている間に行われる皮膚の細胞の再生をサポートするために必要です。美容液の種類によっては、日中の紫外線の影響を受けやすい成分を使っているものもあるため、夜のみ使用するよう推奨されているものもあります。

ウラニアの美容液は、朝と夜両方のスキンケアで使える美容液です。透き通る美肌を目指すためには、朝夜忘れずにウラニアの美容液をお使いいただくことをおすすめします。また、美容液を顔につけるときに肌に強い刺激を与えないように気をつけてください。強くこすったり、叩き込むと肌が傷つく原因になるからです。

特に、目元や口元の皮膚は薄くデリケートなので、力を加えにくい中指が薬指でポンポンとやさしく美容液をなじませてください。ウラニアの美容液は、肌にやさしくのせるだけでスーッと角質層まで浸透します。

ウラニアの美容液をスキンケアに取り入れませんか?

美容液の必要性に疑問をお持ちの方にこそ、ウラニアの美容液がおすすめです。「普段使っている美容液の効果が感じられない」「年齢に合わせて美容液もグレードアップしたい」という方は、ぜひ一度ウラニアの美容液をお試しください。

ウラニアの美容液でスキンケア

©2019 URANIA  |  Breathing Space

​©Breathing Space