プラセンタエキス化粧品の成分などの基礎知識・エイジングケアに関心をお持ちの方へ

TOP > ウラニアの美容液に関するコラム > プラセンタエキス化粧品の成分などの基礎知識・エイジングケアに関心をお持ちの方へ

プラセンタエキス化粧品は、エイジングケアに関心を持つ方から注目される化粧品として定番となっています。しかし、まだプラセンタエキスがどんな成分なのか、ご存知ない方も多いと思います。

そこで、プラセンタの種類や魅力について、こちらでは解説いたします。「そろそろエイジングケアを始めようかな…」とお考えでしたら、ぜひご一読ください。

プラセンタエキスの正体は動物の胎盤!?エイジングケアに注目される理由

プラセンタエキスとは、動物の胎盤から抽出、滅菌をしたエキスのことを言います。プラセンタエキスには、主に豚や羊、馬、人などの胎盤が使用されており、化粧品だけではなく医療の世界でも使われているほど、栄養が豊富に含まれていることが特徴です。

中でも、特にタンパク質や脂質、糖質、ビタミン、ミネラルといった栄養素が豊富に含まれているため、美容業界から高く注目されるようになりました。

プラセンタエキスは、特にエイジングケアに力を入れる方から人気の成分です。線維芽細胞というコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンといった、肌のハリの元になる成分を増やすサポートが期待できます。

プラセンタエキス化粧品選びのポイント・原料や成分をチェック

プラセンタ化粧品を選ぶときには、次のポイントをチェックしてください。

・動物性プラセンタエキスが使われているか


・濃度はどれくらいか


・プラセンタ以外に高保湿成分が配合されているか


・刺激は少ないか

特によくチェックしていただきたいのが、プラセンタエキスの原料です。プラセンタ化粧品は、大きく2つの種類に分けられます。本来のプラセンタエキスの働きが期待できる動物性プラセンタを使用するタイプと、植物性プラセンタを使用するタイプです。

植物性プラセンタはプラセンタに似た特徴を持ちますが、動物性プラセンタに比べると、効果はやや劣ります。また、プラセンタエキスの濃度ですが、化粧品の成分表を見ても詳しい濃度は記載されていません。目安ですが、化粧品の成分表は配合量が多い順に成分が記載されているので、その順番を確認してみてください。

乾燥が気になる方は特に、プラセンタエキス以外にも、保湿力の高いセラミドやセラミドといった成分が配合されている化粧品がおすすめです。

動物性プラセンタエキスの種類

動物性プラセンタエキスには、豚・馬・羊の3つの種類があります。

・豚プラセンタ:最もポピュラーなプラセンタで生産量が多い


・馬プラセンタ:アミノ酸量が多く、希少価値が高い


・羊プラセンタ:ヨーロッパや北米で人気が高いが、国内では流通が少ない

この中で健やかな肌を目指す方におすすめなのは、ウマプラセンタエキスです。ウマプラセンタエキスには、美肌に欠かせないアミノ酸をはじめ100種類以上の栄養成分が含まれています。特に必須アミノ酸は、ツヤのあるなめらかでイキイキとした肌を育むのに役立ちます。

URANIAの美容液にも、ウマプラセンタエキスを配合しています。さらに、高保湿成分で浸透力も高いプロセラミドナノホワイトや、牛乳由来のスフィンゴミエリン、ノーベル賞を受賞したフラーレンなど、様々な美容成分でトータルケアを叶える化粧品です。

プラセンタエキス化粧品は購入方法が選べるURANIAを!

ウマプラセンタエキス配合の化粧品を日々のスキンケアに取り入れることで、うるおいに満ちたお肌に近づけます。

URANIAの美容液は、ウマプラセンタエキスをはじめ、こだわりの美容成分をたっぷり配合しています。プラセンタエキス化粧品をお探しの方は、ぜひ一度お試しください。

単品でも購入可能ですし、お得で便利な定期コースもお選びいただけます。

ウラニアの美容液でスキンケア

©2019 URANIA  |  Breathing Space